株取引と確定申告

MENU

株の口座開設方法

株取引を行う際には口座開設を行わなくてはスタートすることができません。店頭取引や電話での取引の場合でも口座の開設は必要になってきます。今は一番利用されている取引方法として、証券会社のネットトレード、オンライントレードをしている人が多いので、オンライントレードでの口座開設の手順について紹介して行きたいと思います。まず自分で選んだオンライントレードを行っている証券会社の公式サイトへ行きます。公式サイトへ行けば、口座開設に関するサイトをクリックする場所があると思いますから、そちらをクリックします。そして口座開設画面が出てくると思いますので、個人か法人を選び、個人で取引口座を作ります。口座開設申込フォームのようなものが出てくると思いますので、そのフォームに必要事項を記入して行きます。だいたいのオンライントレードの証券会社では、名前や住所、電話番号などの個人情報の他に、メールアドレスや生年月日などを入力することになると思います。そして必要事項を最後まで記入して送信を押せばこれで口座開設の手続き申請ができたことになります。これで口座開設ができたというわけではありませんから、まずはこれで手続きの第1段階が終わったというところでしょうか。その後郵送にて必要資料などが届きますので、資料に同封されている書類に必要事項を書いて、また郵送で送ります。これでようやく口座開設手続きが完了したことになります。きちんと証券会社に口座開設のための申込の書類が届けば、あとは証券会社から連絡があると思いますので、口座開設完了の連絡を待ちましょう。口座開設完了の連絡が入れば、これでようやく証券会社に口座を開設することができるようになるというわけです。このような流れで株取引に必要な証券会社の口座を作りますが、早くスムーズに口座を開設することができる場合には、口座開設の申請を送ってから2−3日で連絡が入ると思いますので、1週間もすれば株取引をスタートさせることができると思います。従来の株の口座を作るよりも手軽でスムーズに出来るようになったのも、パソコンの普及とインターネットの普及がきっかけになったと言われています。パソコンから誰でも24時間好きな時間に株の口座申請ができるというのはとても便利です。まずは自分が取引したいと思っている証券会社のサイトを見て、口座開設をするのかどうか検討するところから始めてみてはいかがでしょうか。

 

株の口座の種類

株の口座には種類があります。証券会社に口座を作る際に一般口座か特定口座かを選ぶところがあると思いますので、この2種類から株の口座を選ばなくてはいけないのです。一般口座と特定口座の違いは、源泉徴収ありなのか、なしなのかに関わってきます。そして確定申告にも大きくかかわってくるので、口座を開設する際には、きちんと、口座の種類を選んだうえで開設するようにしましょう。まず株の口座のひとつ目として、一般口座がありますが、株の一般口座というのは、株取引の売買の利益や損益などを自分で計算をすることになります。自分で計算をした上で、確定申告をして税金を納めなければいけない口座のことを言います。自分で計算して確定申告をするわけですから、かなり手間もかかりますし手続きに行かなくてはいけません。税金の特例適応が受けられるというメリットはありますし、特定口座源泉徴収ありとして毎月税金を引かれてしまわないので、確定申告を行う時まで資産運用できるというメリットはあります。会社員の場合には給与所得以外に年間で20万円以上利益があるという場合には税金がかかってきます。株の取り引きの額が少なくて利益が年間に20万円以下という場合には、一般口座を開設すれば、特に確定申告の手続きを行う必要もありませんので、いいと思います。特別口座の源泉徴収ありを選んでしまった場合に、利益が20万円以下なら、税金は還付されませんので結果的には損をすることになります。では株の口座で特定口座の源泉徴収なしにするというのは、証券会社から送られてくる年間取引報告書を使って簡単に確定申告手続きができる口座です。簡単に出来ることはできるのですが、自分でしなければいけないことには違いはありません。特定口座源泉徴収なしにすれば、一般口座と一緒で、名付き税金は引かれません。そして確定申告の手続きが簡単だというメリットがあります。デメリットとしては、特例適用外になることや、簡単とは言え確定申告が必要であることですね。そして特定口座の源泉徴収ありの場合には、確定申告を一切しなくてもいい口座を言います。自分で確定申告をするのが手間だとか面倒に感じている人にとっては、特定口座源泉徴収ありにしておくのが一番ではないでしょうか。デメリットもありますが、特例適応外なことと利益が年間20万円以下の場合でも税金は戻ってこないことですが、確定申告をしたくない人にとっては、源泉徴収ありで、特定口座を選ぶのが一番です。

 

 

チェックツール


 

登録サイトのデータ更新と検索


 

最新登録サイト表示

#サイト名PRリンク
1事故車買取20

TOP紹介サイト

#サイト名PRリンク
1事故車買取20